ページ内移動用のメニューです。


名古屋第一工場と明石工場に太陽光発電設備を導入

2011年04月05日

C3110405-1.jpg

名古屋第一工場

  C3110405-2.jpg明石工場
     

川崎重工は、航空機部品を製造する名古屋第一工場(愛知県弥富市)および二輪車やガスタービン発電設備、産業用ロボットなどを製造する明石工場(兵庫県明石市)において、工場の環境負荷を低減するため、太陽光発電設備を導入しました。

名古屋第一工場に導入したのは、出力750kWの太陽光発電設備で、2010年3月に完成した南工場の屋上部分に設置され、名古屋第一工場全体の電力消費量の約5%をまかないます。また、明石工場には同100kWの設備を導入し、発電した電力は全て同工場内で使用します。これにより、両工場をあわせて年間約400トンのCO削減効果を見込んでいます。
なお、本設備は、(社)新エネルギー導入促進協議会の新エネルギー等事業者支援対策事業補助金を活用して導入したものです。

当社は、以前より国内工場において太陽光発電設備の設置を進めており、今回の設備導入により、太陽光発電の総出力は約1,460kWとなります。また、神戸工場(神戸市中央区)では、太陽光発電設備に当社グループの日本飛行機株式会社が開発した小型風力発電設備や自社開発のニッケル水素電池「ギガセル®」を組み合わせた新エネルギー複合システムの導入を計画中です。

当社は、低炭素社会の実現を目指して、エネルギーを無駄なく利用する製品とものづくりで、グローバルに地球温暖化防止に貢献してまいります。

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る