ページ内移動用のメニューです。


「健康経営優良法人 2018」に認定

2018年02月21日

川崎重工は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む企業として「健康経営優良法人」に2年連続で認定されました。

健康経営優良法人制度は、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する顕彰制度で、地域の健康課題に即した取り組みや同会議の健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業が選ばれます。

当社は、「人間尊重」と「健康第一」の理念のもと、従業員の健康課題に対して様々な施策を実施しています。生活習慣病対策の一例として、「食生活改善教室」や「運動推進教室」などの健康教室を開催するほか、健康保険組合や労働組合と協力し、従業員とその家族を対象とした健康づくりキャンペーン「カワサキ健康チャレンジ」を実施して積極的な参加を推奨しています。

当社は、これからも従業員の健康の保持と増進に向けて、全社一丸で取り組んでいきます。

 

※日本健康会議

少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。(日本健康会議ホームページより)

 C3180221-1.jpg 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る