ページ内移動用のメニューです。


スーパーバイク世界選手権参戦のジョナサン・レイ選手が大英帝国勲章を受勲

2017年06月23日

川崎重工のファクトリーレースチームである「カワサキレーシングチーム」からスーパーバイク世界選手権にNinja ZX-10RRで参戦しているジョナサン・レイ選手(以下J・レイ選手)が、モータースポーツへの貢献を評価され、英国エリザベス女王から大英帝国勲章(MBE:Member of the British Empire medal)を受勲することが決まりました。

 

hi_07_Misano_WorldSBK_Superpole_Rea_GB43824.jpg    hi_07_Misano_WorldSBK_Free Practice_Rea_DSC1923_001.jpg

大英帝国勲章は、英国が国家と社会に貢献した個人に贈る勲章で、年2回発表され、秋に授与式が行われます。今回、J・レイ選手はこれまでのモータースポーツでの功績を称えられ、受勲することになりました。

 

受勲が決まったことに対してJ・レイ選手は、「受勲については数ヶ月前に知らされました。受勲は非常に名誉なことであり、レースで年間チャンピオンに決まった時よりも多くの方からメッセージを頂きました。モータースポーツ界だけでなく、広く一般に認められ、モーターサイクルを知ってもらえたことは素晴らしいことです。」と語っています。

 

なお、J・レイ選手はポイントランキング総合首位(6月18日時点)でシーズンを折り返し、3年連続のシリーズチャンピオンに向けて後半戦を迎えます。

 

詳しい情報は、下記をご覧下さい。

http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/msinfo/sbk/index.html

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る