ページ内移動用のメニューです。


豪州・イクシスLNGタンク建設プロジェクト工事業者による工事現場からの作業員撤収について

2017年03月17日

当社が2012年に受注した豪州・イクシスLNGタンク建設プロジェクトにおいて、コンソーシアムパートナーであるラング・オルーク社(以下、LOR社)が、3月15日(水)、当社によるLOR社への工事代金未払いを理由に、作業員を工事現場から撤収させました。

イクシスLNGタンクプロジェクトの工事代金が未払いであるとのLOR社によるクレームには同意できません。当社は、契約に基づく全ての工事代金をLOR社へ支払っております。

当社は、工事代金の問題の解決に向けて、LOR社と何度も話し合いを行うなど多大な努力を払いましたが、双方が納得できる解決に至ることはできませんでした。
今回のLOR社の対応につきましては、法的措置を含め必要な対応を取ることを検討しております。

今後も当社は顧客との契約に従い、本プロジェクトの完工に向けて作業を継続していきます。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る