ページ内移動用のメニューです。


OH-1 観測ヘリコプター

OH-1 観測ヘリコプター

OH-1は防衛省初の純国産ヘリコプターとして、1992年より開発が進められ、1996年に試作初号機が初飛行に成功しました。
本機は縦列複座の観測ヘリコプターで優れた操縦応答性を有するとともに、安全性の高い尾部ローターや飛行保持機能を持つ自動操縦装置を装備、コクピットの統合表示装置などの新技術を採用しています。

諸元

全長 13.4m
全幅 11.6m
全高 3.8m

川崎ヒューズ式OH-6型ヘリコプター

川崎ヒューズ式OH-6型ヘリコプター

OH-1の前身機種のOH-6は現在も活躍中です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る