ページ内移動用のメニューです。


共同開発・分担生産機種 ボーイング787 ドリームライナー

共同開発・分担生産機種 ボーイング787 ドリームライナー

ボーイング社が「777」に続く新型機として開発した「787ドリームライナー」は、座席数210~330席、航続距離約15,200km(787-8及び-9型の場合)の機体です。現在は787-10型機を開発中で、 2017年4月現在、3モデル合計で約1,200機を受注するベストセラー機となりました。当社はこの787プログラムに国際共同開発・生産にパートナー企業として参画し、前部胴体、主脚格納部、主翼固定後縁の開発・製造を担当しています。

(画像提供:ボーイング社)

諸元

 

787-8

787-9

787-10

全長 57m 63m 68m
全幅 60m 60m 60m
全高 17m 17m 17m

ページの終わりですページの先頭へ戻る