川崎重工グループサステナビリティ経営方針

川崎重工グループでは、経営におけるサステナビリティの位置付けを明確にするため、「川崎重工グループサステナビリティ経営方針」を制定しています。

川崎重工グループサステナビリティ経営方針

1.基本的な考え方

川崎重工グループは「その技を通じて国家社会に奉仕する」との創業者・川崎正蔵の意志を受け継ぎ、120 年以上にわたって常に最先端技術に挑み、先進的な製品を通じて社会の発展に貢献してきました。 今日、川崎重工グループは、創業の精神から発展したグループミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する"Global Kawasaki"」を掲げ、水素エネルギーへの転換やロボット技術を活用した新たな働き方の提唱など、未来に向けたソリューションと新たな仕組みづくりに取り組んでいます。 本方針は、グループミッションの達成に向けて、将来にわたり世界が直面する様々な社会・環境課題に対して革新的な解決策をつくり出すことにより、持続可能な社会と川崎重工グループの継続的な企業価値向上をともに実現するための経営の長期的なあり方を示すものです。 本方針を踏まえ、時代ごとの社会・環境の変化を捉えてマテリアリティを特定し、成長シナリオとして経営計画を策定します。また、コーポレートガバナンスを強化し、ステークホルダーの皆様との対話と協働を通じて新たな経済・社会・環境価値を創造します。

2.サステナビリティ経営方針

(1)社会課題への挑戦

これまで培ってきた技術力の発展とグループ内外の多様な知見の結集により、環境、エネルギー、資源等の社会課題や様々な社会の変化に対して革新的なソリューションを提供することに挑戦し、世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献します。また、新たに求められる価値を提供するため、川崎重工グループ自身も進化と変化を続けます。

  1. カーボンニュートラルなエネルギー技術を育成・展開し、世界が取り組む気候変動の抑制を支えます。
  2. 産業と生活を進化させるソリューションを様々な形で提供し、全ての人々が豊かで安全安心に暮らせる社会を創造します。
  3. 資源を効率的に活用するビジネスモデルを構築し、循環型社会の実現に貢献します。

(2)責任ある企業行動

事業活動が社会・環境に及ぼす影響を認識し、対策に取り組むことでバリューチェーン全体の持続可能性を高めます。

  1. ゼロ・エミッションの実現を目指し、事業活動に由来する全ての環境負荷を積極的に低減します。
  2. 国際規範や各国法令を遵守し、責任ある企業行動をとります。
  3. 事業に関わる全ての人の人権を尊重し、人権に由来する課題に真摯に取り組みます。

(3)経営基盤の強化

コーポレートガバナンスの充実と、従業員の高いエンゲージメント、ステークホルダーの皆様との対話と協働を基に継続的な企業価値向上を図ります。

  1. サステナビリティ経営の基盤としてコーポレート・ ガバナンスを強化します。
  2. 挑戦を奨励する企業風土の醸成と積極的なダイバーシティの推進により、従業員のエンゲージメントを高め、組織を強靭化します。
  3. 適時適切な情報開示、建設的な対話と協働により、ステークホルダーの皆様と強固な信頼関係を構築します。また、その期待を経営の意思決定に組み込みます。

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。