サステナビリティ・リンク・ローン

川崎重工は、2021年7月のサステナビリティボンド※1 発行、8月のポジティブ・インパクト・ファイナンス※2 導入に続き、当社初のサステナビリティ・リンク・ローン(以下、SLL)を導入しました。
SLLは、借入人のサステナビリティに関する取り組み目標(サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット、SPTs)の達成度を借入条件と連携させることで、借入人のサステナビリティ経営の高度化を促すローンです。
当社は今後も、このようなサステナブル・ファイナンス※3 による資金調達活動を通じ、SDGs達成に向けた貢献と持続可能な社会の実現を目指します。

  1. ※1環境・社会の持続可能性に貢献する事業に特化した資金を調達するために発行される債券
  2. ※2国連環境計画・金融イニシアティブが提唱するポジティブ・インパクト金融原則に即した、資金使途を限定しない融資
  3. ※3サステナビリティボンド、ポジティブ・インパクト・ファイナンス、サステナビリティ・リンク・ローンなど、環境・社会の持続可能性に貢献する企業や事業が行う資金調達の総称

ニュースリリース

選定したKPI・SPTs

KPI 水素サプライチェーン構築
SPTs① 2026年度までに商用化実証大型液化水素運搬船1隻の建造完了
SPTs② 2031年度までに日本への水素運搬可能量22.5万t/年以上

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。