サステナビリティボンド

当社初のサステナビリティボンド発行について

~グループビジョン2030実現に向けサステナビリティ経営を強化~
川崎重工は、本年7月に当社初のサステナビリティボンドを発行しました。
資金調達の枠組みを定めたフレームワークに基づき、国内市場において公募形式で調達した資金は、自動PCR検査ロボットシステムの普及およびクリーン水素サプライチェーン構築にむけた事業への充当を予定しています。今回のサステナビリティボンドの発行を契機に、サステナブル・ファイナンスによる資金調達を本格化させていきます。当社グループは自らが2030年に目指す将来像として昨年設定した「グループビジョン2030」の達成とともに、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • サステナビリティボンドや、サステナビリティ・リンク・ボンドなど環境・社会の持続可能性に貢献する企業や事業が行う資金調達の総称。

プレスリリース

サステナビリティボンドの概要

発行体 川崎重工業株式会社
発行年限 10年
発行額 100億円
利率 0.30%
発行日 2021年7月15日
償還日 2031年7月15日
主幹事証券会社 みずほ証券株式会社、野村證券株式会社、SMBC日興証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
ストラクチャリング・エージェント みずほ証券株式会社
  • フレームワークの策定及びセカンド・パーティー・オピニオン取得の助言などを通じて、サステナビリティボンドの発行支援を行う者のこと。

適格プロジェクト

プロジェクト内容 適格カテゴリーと想定される効果 当社の取り組み
1 自動PCR検査ロボットシステム普及
  • 必要不可欠なサービスへのアクセス
  • 社会経済的向上とエンパワーメント

・医師・医療従事者の負担削減とコロナウイルス感染拡大防止

・経済活動の回復・活性化に貢献

当社の新型コロナウイルス感染症への取組み
2 クリーン水素サプライチェーン構築
  • 再生可能エネルギー
  • クリーン輸送

・大量かつ安定的なクリーンエネルギー供給・利用の実現

当社の水素への取組み

フレームワーク

セカンド・パーティー・オピニオン

第三者機関である株式会社格付投資情報センター(R&I)から「セカンド・パーティー・オピニオン」が公表されていますのでご参照ください。

URL: https://www.r-i.co.jp/news_release_suf/2021/06/news_release_suf_20210615_jpn_01.pdf


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。