環境経営活動基本計画(3か年)

第10次環境経営活動基本計画


取組方針

当社の環境憲章*1に掲げる環境方針、グループミッション*2および第9次環境経営活動基本計画の評価*3に基づき、社会ニーズ(ESG投資、情報開示)に応え、環境保全と事業成長の両立、ならびに「Kawasaki地球環境ビジョン2050」のCO2 FREE、Waste FREE、Harm FREEの実現につなげる重点施策を設定しました。
低炭素社会の実現(CO2 FREE)は、リスクと機会*4から当社事業への影響を考慮し、CO2排出の少ない製品の提供拡大と、事業プロセスにおけるCO2排出量のさらなる削減とにより、大幅なCO2排出量の削減に挑戦します。
また、循環型社会の実現(Waste FREE)および自然共生社会の実現(Harm FREE)は、当社単体のみならずグループ全体で管理レベルを向上させ、環境リスクのさらなる低減を図るとともに、工場立地によって失われた地域の自然環境の回復を図ります。
なお、持続可能な開発目標(SDGs)に対しては、長期的視点に立ち、主として環境・エネルギー事業を通じて社会課題の解決に取り組みます。

  • *1 「環境憲章」を参照ください。
  • *2 グループミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献するGlobal Kawasaki」
  • *3 「環境報告書2019」P7 をご覧ください。
  • *4 《リスク》
      •CO2排出量規制と電力コストの上昇および再生可能エネルギーへの転換圧力
      •自然災害による停電等
     《機会》
      •自社製品の活用(自家発利用/自己託送等)や水素によるクリーンエネルギー創出
      •BCPを想定した発電や分散電源の需要の増加等

第10次環境経営活動基本計画【重点施策】

(1)CO2 FREE 第10次計画目標
CO2売上高原単位を2021年度に2013年度比20%削減(当社単体)
低炭素社会の実現 自家発電設備の積極活用
工場別のエネルギー需給を検討し、具体的な導入計画を立案する。導入方法は、自社設備投資、もしくはエネルギー供給会社への製品販売後のオンサイト発電サービス利用を検討
再生可能エネルギー活用
当社工場屋根を利用した太陽光発電の電力購入
省エネルギー活動
エネルギー見える化システムを活用したさらなる省エネと老朽化更新設備の省エネ化
Kawasakiグリーン製品をはじめとした製品貢献によるCO2排出量削減効果の拡大
(2)Waste FREE 第10次計画目標
直接埋め立て廃棄物÷廃棄物総発生量を1%以下(当社単体)
循環型社会の実現 分別廃棄のさらなる徹底
グループ全体で管理レベルの向上
水使用の用途と量の詳細把握を実施
水資源のリスク確認
(3)Harm FREE 第10次計画目標
環境リスクを低減しながら生物多様性を尊重した工場運営を行う
自然共生社会の実現 有害化学物質の適正な管理と代替え検討(グループ全体で環境リスクの低減)
工場における樹種の把握と在来種への置き換え、および全社の森林保全活動の継続