Kawasaki Super Green Product

水素液化システム

水素液化システム

世界トップクラスの液化原単位を達成

水素液化システム

水素液化システムにおいて、独自に開発した液化プロセスを基に構成機器の最適化を重ね、世界トップクラスの液化原単位を達成しました。 自社開発の膨張タービンは、水素軸受の採用により、水素への不純物混入防止、容易なメンテナンスを実現しています。
※液化原単位 = 水素1kgを液化するのに必要な電力量

製品紹介

水素サプライチェーン構築に必要な水素を液化するシステムです。水素を液化すると体積が1/800になり、大量の水素の効率的な輸送を可能とします。1日あたり5トンの液化水素(FCV1,000台相当の燃料)の製造が可能です。

特長

  • 純国産液化機
  • 化機のキーコンポーネントとなる膨張タービンは作動流体として水素ガスを用いる気体軸受を採用しており、液化プロセスへの不純物の混入がなく、非接触なのでメンテナンスが容易
  • 各種機器配置の見直しにより、プロトタイプ機からの重量を低減