鉄道車両における換気対策の検証

空調シミュレーションの例

鉄道車両の換気は、車両に搭載された空調装置、駅でのドアの開閉、窓開けなどにより行われています。 車両カンパニーでは、これまで携わった多くの鉄道車両の設計・製造実績と空調シミュレーション技術を活用することにより、効果的な換気対策の検討を進めています。

鉄道事業者様からの要望に応じ、窓装置などへの改造による換気対策を検討するとともに、シミュレーションを組み合わせることで、川崎重工ならではのパッケージ提案も可能となります。


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。