自動PCR検査ロボットシステムなどの開発

川崎重工と臨床検査機器・試薬大手のシスメックス株式会社との合弁会社である株式会社メディカロイドは、新型コロナウイルス感染症の再拡大に備え、ロボットと医療双方のノウハウを持つ同社ができる社会貢献として、自動PCR検査ロボットシステムなどの開発・社会実装の検証を進めています。 自動PCR検査ロボットシステムは、PCR検体採取をロボットが行うシステムと、PCR検体分析における自動化システムで構成されています。PCR検体の採取では、医師が遠隔でロボットを操作して検体を採取することにより、医師の二次感染を防止します。これには川崎重工が2017年に発表した遠隔協調システム「Successor(サクセサー)」の技術が活かされています。また、PCR検体の分析を自動化することにより、24時間連続稼働するPCR分析センターを運営することが可能となります。これらのシステムにより、医療従事者の感染リスクや作業負担を低減、さらにはヒューマンエラーを防止し、医療従事者の人員不足にも対応することで、PCR検査体制の拡充に貢献します。

本システムは、移設可能なコンテナ内にコンパクトにレイアウトすることも可能であり、設置工事の簡素化、省スペース化を実現できます。航空機の搭乗前やイベント会場への入場前などに、その場で短時間にPCR検査結果を出して陰性を証明することで、人の往来を再開させ、社会の流動性回復に大きく貢献することを目指しています。

さらに、移動型ロボットによる連携サポートシステムの開発を進めています。病室における簡単な問診や体温・心音の確認などの診察準備を遠隔操作で行うことや、食事の状態・薬量を記録するなどの情報共有ができ、看護スタッフ不足を補う機器として活用することが可能です。

自動PCR検査ロボットシステム
移動型ロボットシステムを使っての軽度感染者の病室サポート

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。