CSR取り組み課題と中期目標・活動実績

2017年度に川崎重工グループが取り組むべきCSR重要課題(マテリアリティ)を特定しました。それに並行してCSR活動の枠組みを見直し、「事業を通じた社会課題解決」を当社グループが長期で達成すべき最重要課題と位置づけ、それ以外の課題について「経営基盤を支えるCSR課題」と位置づけました。「経営基盤を支えるCSR課題」についてはE(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)に分類しました。

  • マテリアリティ(重要課題)の特定プロセスについてはこちらをご覧ください。

CSR活動の枠組みとマテリアリティ

  • 下線を引いている項目はマテリアリティ項目です。
事業を通じた社会課題解決 クリーンエネルギーの創出
陸・海・空の安心・安全、クリーン、快適な移動・輸送手段の提供
新興国を中心とした社会インフラの充実
自動化による高齢化・労働力不足への対応
G(ガバナンス) コーポレートガバナンス
コンプライアンス
腐敗防止
リスクマネジメント
危機管理
研究開発
政治的関与
輸出管理
情報セキュリティ
E(環境) 低炭素社会(製品貢献、事業活動)
自然共生社会
循環型社会
環境マネジメント
環境ブランドの向上
S(社会) ビジネスと人権
製品責任・安全
サプライチェーンマネジメント
人財の確保と定着
ステークホルダー・エンゲージメント
労働安全衛生
ダイバーシティ
人財開発
カスタマーリレーションシップマネジメント
社会貢献活動

2018年度からは新たな枠組みの下、「事業を通じた社会課題解決」とESG項目の重点項目につきまして、責任部署と責任者、目指す姿とKPIを明確にして、その達成状況のモニタリングを毎年行い、PDCAサイクルを回しながらCSR活動の向上を図っています。

経営基盤を支えるCSR課題 2018年度活動実績表



Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Acrobat Readerが必要です。


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。