Oct. 2020

Techno Box 17

高機能多用途双発ヘリコプターBK117 D-3型

Scroll

振動を減らし、
搭載量はグンとアップ

川崎重工とエアバス・ヘリコプターズ社が国際共同開発を進めてきた多用途ヘリコプターBK117シリーズの最新モデル「BK117 D-3型」が、欧州当局の型式証明を取得し、2021年春には国産初号機が納入される見込みとなった。
D-3型は、前モデルのD-2型の高高度におけるホバリング性能や最新の航空電子機器搭載などの高機能を引き継いだうえで、(1)メイン・ローターを4枚から5枚ブレードに変更、(2)メイン・ローターを取り付けるローターハブの部分を、ベアリングを使わない「ベアリングレス構造」に変更、(3)有効搭載積載量を150kg増加、などの機能性向上を実現した。

メイン・ローターが5枚ブレードになることで機体の振動は軽減され、ベアリングレスでハブ構造がシンプルになることにより、点検・整備の間隔を長くできる。ベアリングレス構造の採用は、重量減にも繋がり機体重量が約50kg減り、さらに最大離陸重量を約100kg増加させたことで、有効搭載積載量が合計で約150kg増えた。より多くの人、ものを搭載できるので、運用者のメリットは大きい。
BK117は、救急医療や消防・防災などで活躍する中型双発機で、1983年の初号機以来、改良を重ねた優れた技術力と高い信頼性から、シリーズ通算では川崎重工とエアバス社の合計納入分が全世界で1,600機以上を誇るベストセラー機となっている。

New concept 1

メイン・ローター・ブレードの
5枚化で振動が少なく快適性が向上

ローター・ブレードは回転に伴って固有の振動を生み、1回転当たりではブレード枚数分の周波数がヘリコプターの主振動となる。ブレードを4枚から5枚に増やしたことによる振動周波数の変化や新型のローター・システムを採用したことなどにより、固有の振動を最適化し、体感的にも快適性が向上した。操縦に対する応答性についてもパイロットから好評を得ている。BK117への5枚ブレードの採用は、エアバス社が基礎研究を重ねてきたもので、それによって誘引される軽量化のメリットも大きかった。この採用により、D-2型の機体底部にあった防振装置が不要となった。

Under Development

ローター・ブレードを
折り畳んで、コンパクト格納

新規オプションとして現在開発中なのが、5枚のローター・ブレードを折り畳めるようにすること。全長・全幅をコンパクトにし、狭いハンガーでも格納できる。

New concept 2

シンプルだが強く、整備も簡素化
できるベアリングレスのハブ構造

BK117では、エンジンの力を伝え、メイン・ローターを回転させるハブの部分に、一貫してベアリングを使う方式を採用してきた。ローター・ブレードは、ベアリングの潤滑により角度を変えて揚力を発生させる。しかしD-3型では、5枚ローター・ブレードで振動を低減し、かつ部品点数の削減を狙いベアリングレスとした。ローターの付け根部分の内側には「フレックス・ビーム」という軟らかいが強度のある複合材製構造となっており、この部位が角度を変えることで揚力を得られる。ベアリングがなくなることでハブ部分の構造はシンプルになり、ベアリングの潤滑油補充や分解整備も不要になる。これが点検・整備の間隔を長くできる理由で、さらに機体重量も軽くなる。川崎重工のヘリコプターでは既に「OH-1」で同様のベアリングレス構造が採用されている。

Kawasakiの技!
BK117シリーズの代名詞

『広いキャビンと観音開きドア』

キャビンとカーゴルームが一体型で、フルフラットな床と広々とした客室空間を、骨組みとボディ板の最適な構成で実現。薄い壁の内側に電気配線やオイル配管などを盛り込むのが川崎重工ならではの技だ。後部の観音開きドアによるアクセス性は、ドクターヘリで高く評価されている。

運用方法へのバリエーションも拡大!

有効搭載積載量は
150kgアップ!

最大離陸重量(機体や搭乗者、搭載物を含めた飛行できる総重量)を約100kg増加。さらにハブ構造の見直しなどで機体重量を約50kg軽減したことにより、有効搭載積載量は約150kgも増加した。防災運用では救助者をより多く乗せたり、ドクターヘリでは医療設備やスタッフを増やせる。また増加分を燃料の増量に充てることもでき、運用者の自由度が広がった。

注:D-2型機体重量はLAVCS(防振装置)を含む

解説

川崎重工業株式会社
航空宇宙システムカンパニー
航空宇宙ディビジョン
ヘリコプタプロジェクト総括部
ヘリコプタ設計部
ヘリコプタ計画三課
服部 友子(左)
ヘリコプタ計画三課 基幹職
羽沢 健作(右)
Kawasaki NewsKawasaki Heavy Industries Quarterly Newsletter
川崎重工グループの和文PR誌として、多彩な製品群が陸・海・空に亘る各分野で活躍する姿と、新製品・新技術の一端をご紹介しています。

Kawasaki Group Channel