[ 技術解説 ]

250kW級 小型バイナリー発電設備
-グリーンバイナリータービン-

溝口 和彦、清水 元、鈴木 宏和、三宅 直樹
今野 優子、山下 誠二、澤田 正志

従来は利用されずに分散して存在する排熱(80~120℃)の回収を目的として、低沸点である代替フロンを作動媒体に用いた「グリーンバイナリータービン」を開発した。
当社神戸工場内の自家発電所(神戸パワーセンター)でのガスエンジン排温水熱源利用でのデモ運転を経て、地熱利用の九州電力(株)との実証試験への取り組みや、低温蒸気利用のごみ焼却工場などの排熱高度活用プロジェクトへの参画など、多様な熱源に対応する製品展開を進めている。

代表図
タービン発電機カットモデル

第173号 分散型発電システム特集号