VTOL無人機


当社が開発してきたヘリコプターの技術およびモーターサイクルで培った小型ハイパワーエンジンを組み合わせることで、ドローンなど無人航空機では実現困難なペイロード200kgを実現することを目標として開発しています。将来は脱炭素化も見据えたパワーユニットとしようとしています。

最初の市場投入ターゲットとしては山岳部輸送を想定しており、量産型では高度3, 000mにおいて200kgのペイロードを輸送することを目標として段階的に技術実証をしていきます。まずは、既存機体に対して低地でのペイロード能力100kgを付与した輸送型実証機「K-RACER-X1」を開発し、顧客の意見を素早く取り入れることを目的として技術実証試験を行う予定です。次に、高度3,000mでペイロード100kgを搭載可能な機体「K-RACER-X2」を、既存機体および「K-RACER-X1」で獲得した技術やノウハウを適用して新規に開発し、山岳地輸送の技術実証試験を行い、ペイロード200kgの量産型の開発に繋げていきます。

将来的に配送ロボと連携をした無人物資輸送もを行うことも視野にいれ、現在開発を行っていきます。


諸元

ローター径 5m
全高 1.9m

特長

  • 1.中量輸送- ペイロード200㎏により、効率的コストで輸送実現
  • 2.安定性- 高い飛行安定性により、安定した輸送を実現
  • 3.長時間飛行-100㎞程度の航続距離実現、多頻度輸送にも対応可能

プレスリリース一覧


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。