会社情報 About Us

沿革

沿革

青字: 空調関連  赤字: ボイラ関連











/






1896年(明治29年) ■ (株)川崎造船所 設立
■ 汽車製造(株) 設立
1899年(明治32年) ■ コルニシュボイラ(炉筒ボイラ)完成 (汽車製造(株))
1901年(明治34年) ■ ランカシャボイラ(炉筒ボイラ)完成 (汽車製造(株))
1917年(大正6年) ■ タクマ式ボイラ(水管ボイラ) 製造開始 (汽車製造(株))
1936年(昭和11年) ■ 横山工業(株) 設立
1939年(昭和14年) ■ (株)川崎造船所から川崎重工業(株)に社名変更
1947年(昭和22年) ■ セクショナルボイラ販売開始 (横山工業(株))
1951年(昭和26年) ■ SG蒸気発生機 製造開始 (汽車製造(株))
1959年(昭和34年) ■ 国内初の吸収冷凍機 製造開始 (汽車製造(株))
1962年(昭和37年) ■ 汽車製造(株)が滋賀工場を開設
■ 小型パッケージボイラTWO WAY販売開始 (横山工業(株))
1963年(昭和38年) ■ BSパッケージボイラ販売開始 (川崎重工業(株))
1964年(昭和39年) ■ 世界初の二重効用吸収冷凍機 製造開始 (汽車製造(株))
1965年(昭和40年) ■ 鋳鉄製ボイラ(アメリカンスタンダード社製)販売開始 (汽車製造(株))
■ 強制貫流式高温水ボイラ販売開始 (汽車製造(株))
1966年(昭和41年) ■ 川崎重工業(株)と横山工業(株)が合併
■ 炉筒煙管ボイラ 「KSボイラ」販売開始 (汽車製造(株))
1968年(昭和43年) ■ 汽車製造(株)から汽車サービス(株)が分社
■ 世界初の直焚き大型二重効用吸収冷温水機、製造開始 (汽車製造(株))
1972年(昭和47年)

■ 汽車サービス(株)から川重東京冷熱サービス(株)(東日本地区担当)に社名変更













1972年(昭和47年)

■ 当社創立  商号 川重冷熱サービス(株) 

 川崎重工業(株)、汽車製造(株)が合併

 ボイラ、冷温水機のアフターサービス専門会社として事業開始

1973年(昭和48年) ■ 鋳鉄製ボイラ国産開始
1977年(昭和52年) ■ 水管ボイラ 「KDボイラ」販売開始
■ 貫流ボイラ 「SHボイラ」販売開始
■ 世界初の大型舶用吸収冷凍機 製造開始
1978年(昭和53年)

■ 商号を現社名の川重冷熱工業(株)に変更

  東日本地区(静岡県大井川以東)のメンテサービスを所管する川重東京冷熱サービス(株)

   を合併、併せて川崎重工業(株)より空調・汎用ボイラの営業部門の移管

■ 吸収冷凍機 「マークⅡ」製造販売を開始

1980年(昭和55年) ■ 川崎重工業(株)大阪工場の空調部門を滋賀工場へ移管 (吸収冷温水機の製造開始
1982年(昭和57年) ■ 吸収冷温水機 「M型」製造販売を開始
1983年(昭和58年) ■ 吸収冷温水機 「L型(80-299RT)」製造販売を開始
1984年(昭和59年) ■ 川崎重工業(株)より空調・汎用ボイラ製造部門の移管を受け、製造・販売・サービス一元化
1985年(昭和60年) ■ 吸収冷温水機 「L型(300-599RT)」製造販売を開始
1987年(昭和62年) ■ 貫流ボイラ 「SH-C型」製造販売を開始
1988年(昭和63年) ■ 吸収冷温水機 「L型(600RT-)」製造販売を開始
1990年(平成2年) ■ 店頭市場に株式公開
■ 貫流ボイラ 「SH-D型」製造販売を開始
1991年(平成3年) ■ 自然循環形水管式排熱ボイラ 「RGボイラ」製造販売を開始
1992年(平成4年) ■ 吸収冷温水機 「シグマチル」シリーズ製造販売を開始
1996年(平成8年) ■ 吸収冷温水機 「シグマスタンダード」製造販売を開始
■ 貫流ボイラ 「KF型」製造販売を開始
1997年(平成9年) ■ ISO9001認証取得
1998年(平成10年) ■ エンジン排熱投入型吸収冷温水機 「ジェネリンク」製造販売を開始
1999年(平成11年) ■ 貫流型排熱ボイラ 「RFボイラ」製造販売を開始
2000年(平成12年) ■ 大型貫流ボイラ 「イフリート」シリーズ製造販売を開始
■ 吸収冷温水機 「シグマエース」シリーズ製造販売を開始
2002年(平成14年)

■ 滋賀工場ISO14001認証取得

■ 蒸気式吸収冷凍機 「蒸気式シグマエース」製造販売を開始
■ 排熱投入型吸収冷温水機 「シグマエースジェネリンク」シリーズ 製造販売を開始

■ 世界最高の省エネ率を実現する世界初の三重効用高効率ガス吸収冷温水機を開発

2003年(平成15年) ■ 竪型2段圧自然循環式排熱ボイラ 「RVSボイラ」製造販売を開始
2004年(平成16年) ■ 株式をジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQ)に上場
2005年(平成17年)

■ 中国の空調設備大手清華同方人工環境有限公司と合弁会社「同方川崎空調設備有限

   公司」を設立 (平成25年「同方川崎節能設備有限公司」に社名変更)

■ 世界初の三重効用高効率ガス吸収冷温水機、製造販売を開始
■ 三重効用高効率ガス吸収冷温水機が「(社)日本エネルギー学会 進歩賞」を受賞
■ 中型吸収冷温水機 「シグマミディ」シリーズ製造販売を開始

2006年(平成18年)

■ 三重効用高効率ガス吸収冷温水機が「(財)ヒートポンプ・蓄熱センター 理事長賞」、

  「省エネ大賞 省エネルギーセンター 会長賞」を受賞

2007年(平成19年) ■ イフリートショールーム開設
■ ガス3社グリーン機種選定の高期間効率機 「シグマエース1.43」シリーズ製造販売を開始
■ 大型貫流ボイラ 「イフリート低NOx」シリーズ製造販売を開始
2008年(平成20年)

■ ガス3社グリーン機種選定の高期間効率機 「シグマエースジェネリンク1.43」シリーズ製造

  販売を開始

2009年(平成21年) ■ 大型貫流ボイラ 「イフリートビート」製造販売を開始
2010年(平成22年) ■ 吸収冷温水機 「シグマエース1.2R」シリーズ製造販売を開始
2013年(平成25年) ■ 試験研究棟「AA Labo.」を滋賀工場に開設
■ 吸収冷温水機 「エフィシオ」シリーズ製造販売を開始
■ 吸収冷温水機 エフィシオが日刊工業新聞社 2013年十大新製品賞 本賞を受賞
2014年(平成26年) ■ 廃熱投入型吸収冷温水機 「エフィシオ NZJ」シリーズ製造販売を開始
2015年(平成27年)

■ 高効率蒸気式吸収冷凍機 「エフィシオ NES」シリーズ製造販売を開始

■ 廃熱投入型吸収冷温水機 「エフィシオ NHJ」シリーズ製造販売を開始

■ 大型貫流ボイラ 「イフリートフェルサ」製造販売を開始

2016年(平成28年)

■ 小型貫流ボイラ 「ウィルヒート」製造販売を開始

■ 中国の合弁会社「同方川崎節能設備有限公司」の持分を譲渡し、同方人工環境有限公司

    との合弁事業を解消