TechnoBox - テクノボックス Kawasaki
メニューへ戻る
ホイールローダ「AUTHENT」はなぜ、パワフルで操作性に優れているのか
ホイールローダ「AUTHENT」イラスト ホイールローダ「AUTHENT」イラスト
ホイールローダ「AUTHENT」イラスト ホイールローダ「AUTHENT」イラスト
※上図のアルファベットをクリックすると各部の説明が表示されます。
砕石、砂利作業のほか木材・除雪・製鉄所などでも活躍
 砕石現場、あるいは砂利などを扱う現場で見かける、川崎重工のホイールローダ「AUTHENT」。対象物を力強く掘り起こしてすくい上げ、ダンプトラックへの積み込みなどを行なうのがホイールローダだ。
 車体前部に複数の油圧シリンダで作動する荷役作業装置を備え、その先端に装着したバケットで砕石、砂利などを取り扱う。動力源は、車体後部に搭載した大排気量のディーゼルエンジン。その動力を、油圧ポンプを介して荷役装置へ、また、大容量トルクコンバータと変速機・減速機を介して四輪駆動される大径タイヤへ伝達している。
 「AUTHENT」は、アタッチメントを替えることにより、原木の運搬や道路除雪、農畜産での堆肥処理、また、製鉄所での石炭の積み込み作業など幅広く活用されている。
世界のベストセラー機「AUTHENT 70ZV」
 イラストのモデルは「AUTHENT 70ZV」。Kawasakiホイールローダ(全11機種)の中の中型機で、2003年の発売以来、全世界で750台以上を出荷した(2006年2月現在)ベストセラー機である。
 荷役リンクは力強い川崎式Z型逆転リンク機構で、最大持上能力は約13t。後輪が前輪と同軌跡で動き、運転が容易なセンターピン中折れ構造、高出力・大排気量エンジンと操作が容易で走行性能に優れた全自動変速トランスミッション、視界の良好な広々としたROPS/FOPSキャブの採用などで、ハードな要求に応えるパワフルさとオペレーターに優しい操作性、安全性、快適な居住性などを兼ね備えた高性能ホイールローダである。
 また、カワサキプレシジョンマシナリ製の高品質、高精度な油圧パイロットバルブ、メインバルブなどの油圧装置の採用により、軽いレバー操作力と、作業装置のスムーズな動きなどオペレーターにフレンドリーな操作性を実現した。
Kawasakiホイールローダ「AUTENT」の活用例
貯木場でログを運搬する97ZV
貯木場でログを運搬する97ZV
雪煙を上げて除雪する65ZV
雪煙を上げて除雪する65ZV
トンネル工事現場でズリを積み込む90ZA
トンネル工事現場でズリを積み込む90ZA
牛舎を清掃する45ZV
牛舎を清掃する45ZV

 
 
  川崎重工業株式会社
All rights reserved, Copyright(C)1996-, Kawasaki Heavy Industries, Ltd.