社会貢献活動方針

川崎重工グループの社会貢献活動は、グループミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する"Global Kawasaki"」 に基づき、グループの強みと従業員一人ひとりのちからを活かしながら、以下の点に重点を置いて推進していきます。

  1. (1)企業市民として地域社会と良好な関係を構築し、その存続・発展に寄与します。
  2. (2)未来のテクノロジーを担う次世代の育成を支援します。
  3. (3)持続可能な社会のため、環境保全に貢献します。
注力するSDGs項目とターゲット 川崎重工グループの主な活動とKPI
4.1 2030年までに、全ての子供が男女の区別なく、適切かつ効果的な学習効果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
  • 小中学生向け実験工作教室
  • カワサキワールドの運営
  • Kawasaki Robostageの運営
  • 各種教育イベント/プログラムへの参加

KPI: 実験工作教室参加者数
15.2 2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。
  • 森づくり(兵庫県、高知県)

KPI: 森づくり活動実績(面積、植樹数)
17.17 さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励する。
  • カワサキワールドの運営
  • ヴィッセル神戸スポンサー
  • かかみがはら航空宇宙博物館「飛燕」展示支援
  • 地域スポーツ活動支援(ホッケーなど)
  • 各種地域社会イベントへの参加・協賛
  • Kawasaki Good Times Foundation

KPI: 「地域社会」関連社会貢献年間支出額
カワサキワールド来場者数

各活動のKPI

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
社会貢献支出のうち「地域社会」関連支出(百万円) 258 300 266 164
社会貢献支出 合計(百万円) 605 697 670 571
社会貢献支出に占める「地域社会」の割合(%) 42.6% 43.0% 39.7% 28.7%
カワサキワールド来場者数 221(千人) 219(千人) 247(千人) 227(千人)
実験工作教室参加者数 365(人) 415(人) 435(人) 519(人)

森づくり活動実績(2017年度実績)

活動地 兵庫県多可町 高知県仁淀川町
活動内容 除伐・間伐・植樹
自然観察会・木工細工教室
間伐・環境学習
参加者 従業員と家族他協力者(294名) 従業員他協力者(66名)
活動実績 面積:1.41ha
CO2吸収量:4.98t/CO2
植樹:200本
面積:0.3ha
CO2吸収量:16.5t/CO2
活動回数 3回/年 1回/年

お問い合わせ