2006年版 環境・社会報告書

報告書全文

全文をご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい。


報告書項目別

項目毎にご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい。


川崎重工グループについて

川崎重工グループの歩み 編集にあたって02

経営姿勢(PDF:656KB)
社会から信頼されつづける企業であるために

05

経営の基本理念 中期的経営戦略
監査役会+内部監査

コーポレートガバナンス コンプライアンス06


環境のために

09

エネルギー利用の未来のはじまり
<大型ニッケル水素電池「ギガセル®」への期待>

社会のために

11

世界平和の願いをKawasakiの技術に託して
<対人地雷探知除去システム実用化へのステップ>


環境報告

環境経営(PDF:1.26MB)
持続可能な社会の実現を目指して

13

環境憲章
川崎重工グループ中長期環境ビジョン「2010年のあるべき姿」
環境管理体制

環境・社会への貢献を目指して

14

事業活動による環境負荷

中長期環境ビジョン「2010年のあるべき姿」に向けて

15

<環境経営活動の実績と評価>

環境会計

17

2005年度環境会計集計結果 環境活動の自己評価

環境負荷データ18

環境マネジメントシステム(EMS)19

<二輪車における循環型社会に向けての取り組み>23

<製品分野ごとの取り組み>25

環境を守るための製品と技術27

環境生産(PDF:1.14MB)

29

生産時の環境負荷低減に向けて

各工場における環境負荷データ31


社会とともに

33

Kawasakiの心と技術を社会で役立てたい
<社会貢献活動>

さまざまな対話を通じて、より親しまれる企業へ

34

<社会とのコミュニケーション>

お客様とともに

35

お客様のために 私たちの使命と責任

従業員とともに

37

いききとした職場へ

職場の安全づくりと健康づくり38

事業所所在マップ、お問い合わせ先


環境負荷データ

環境負荷データの詳細をご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい。

カンパニー・関係会社別環境負荷データ
事業所別環境負荷データ

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Acrobat Readerが必要です。