Kawasaki Super Green Product

ガス燃料推進自動車運搬船

2015年:初回登録

ガス燃料推進自動車運搬船

天然ガス焚き主機関・発電機を搭載し、
CO2、NOx、SOxを大幅に削減した
自動車運搬船

ガス燃料推進自動車運搬船

主機関(ME-GI)の搭載により、CO2 23%、NOx 13%、SOx 92%、PM 37%を削減しました。
LNGタンクからの独自の天然ガス供給システムにより、ボイルオフガスもムダなく利用しています。

製品紹介

大型商船である自動車運搬船としては、世界で初めて舶用燃料油及び天然ガスを燃料として使用可能な2元燃料2ストロークディーゼル主機関(ME-GI)、発電機(DFD)及び2元燃料補助ボイラを搭載した3,800台積自動車専用船

特長

  • 2元燃料2ストロークディーゼル主機関(ME-GI)の搭載により、従来の油焚き主機関よりもCO2を23%、NOxを13%、SOxを92%、PMを37%削減
  • 低速度域における推進性能を最適化し、実使用速度域(低速域)の推進馬力を約3%削減
  • ボイルオフガスの有効利用システムの構築により、タンクを含むシステム全体で約15%重量低減