ページ内移動用のメニューです。


省エネルギー技術

推進効率の向上により使用燃料を削減できるさまざまな技術

Kawasaki RBS-F

Kawasaki RBS-F ( Rudder Bulb System with Fins )
RBS-Fは舵に付けたバルブ(球状の物体)とフィン(翼)で構成されています。(左写真)
RBS-FはLNG船やLPG船、バルクキャリアなど1970年半ばの開発以来、当社建造船の100隻以上に装備されており、その馬力削減効果は約2%~7%である優れた省エネ付加物です。

その原理はバルブによりプロペラボスから発生する乱れた流れを整流し、プロペラが効率良く作動する環境を作ります。さらにプロペラが後方に作り出す回転流を利用して、フィンが前方に進む力(推力)を発生させます。(右図)

セミダクト(Kawasaki SDS-F)

Kawasaki SDS-F
( Semi-Duct System with contra Fins )

SDS-Fはプロペラ直前の船体に装着する扇形のセミダクトとセミダクト支持部を兼ねたコントラフィン(翼)で構成されています。

その原理はコントラフィンがプロペラに入る流れにプロペラの回転方向と逆向きの回転を与え、プロペラ後方に生じる回転流を減少させて推進効率を高めます。さらにセミダクトが船尾周りの流れを整流して船体抵抗を減少させ、またプロペラ流入流れにより推力を発生することにより推進効率を高めます。

SDS-Fの馬力削減効果は約3%~7%あります。またRBS-Fと一緒に装備することにより、さらに馬力節減効果を向上させることができます。


ページの終わりですページの先頭へ戻る