ページ内移動用のメニューです。


川崎重工時代1969年(昭和44年)~

1996年(平成8年) 南新工場竣工式

平成8年(1996年)6月、兵庫工場にアルミを素材とする車両構体組立工場が完成した。
この工場ではKPS(Kawasaki Production System)を導入し、部材加工並びに車両の側構体や屋根構体、台枠などのブロック組立から構体完成までがシステマティックに進められている。部材加工の溶接作業などは、自動溶接機の導入により、大幅に自動化された。

南新工場竣工 平成8年(1996年)

南新工場見取り図

沿革(年表)へ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る