ページ内移動用のメニューです。


川崎重工時代1969年(昭和44年)~

1970年(昭和45年) わが国初の案内軌条方式ゴムタイヤ地下鉄電車を札幌市交通局に納入

昭和45年(1970年)、わが国で初めての車輪に空気タイヤを使用した案内軌条方式の電車として、札幌地下鉄南北線用1000形のプロトタイプ車2両が完成した。
ゴムタイヤ車輪のため、とくに車両の軽量化に注力して車体はアルミ合金製とし、また初めて車体の外板部分にも押し出し形材を用いた。
薄緑色に塗装された車体のサイズは最大幅3.08mと大きく、従来の札幌市電の伝統を引き継いで窓も大きなものを採用した。

札幌交通局1000形アルミ合金製案内軌条方式ゴムタイヤ電車プロトタイプ 昭和45年(1970年)


ページの終わりですページの先頭へ戻る