ページ内移動用のメニューです。


川崎車輌時代1928年(昭和3年)~1968年(昭和43年)

1963年(昭和38年) 小田急電鉄(株)に3100形電車を納入

3100形はSE車3000形特急のモデルチェンジ車で、NSE車と呼ばれた。最大の特徴は運転台を客室上に設けたため、曲面ガラスの前頭部客室の展望が最大限に開けたことである。踏切事故に備えて前頭下部に2個のオイルダンパーを設けた。編成はSE車の8両から11両に増強され、第1編成から当社が製造した。

小田急電鉄3100形電車、NSE車 昭和38年(1963年)

小田急電鉄3100形電車、NSE車 昭和38年(1963年)

沿革(年表)へ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る