ページ内移動用のメニューです。


低環境負荷で航行する

船型や推進システムなどを最適化することで、推進効率を高め省エネ化を図る技術です。

舶用ディーゼル機関の電子制御化技術

舶用ディーゼル機関において、燃料消費率とNOx排出率は相反関係であるため、両方を同時に小さくすることは困難です。当社は、運転負荷に応じて、燃料の噴射と排気弁を巧みに電子制御することで、燃料消費率とNOx排出率を最適化することに成功しています。

電子制御 舶用ディーゼル機関

船型の最適化技術

船型を最適化し、推進効率を向上させることで、船の運航に必要な燃料消費量を削減し、環境負荷を低減することができます。
当社では、大型模型を使用した高精度の水槽試験に加えて、数値流体力学(CFD)によるシミュレーション技術を駆使して、積む荷物の量を確保しながら、より抵抗が小さく推進効率の良い船型を設計しています。

船型の最適化

プロペラ形状の最適化技術

船尾に取り付けられ推進力を生み出すプロペラは、船体に沿って発生する非常に複雑な流れの中で作動するため、その設計には高い技術力が求められます。
当社は、プロペラ周りの複雑な流れを解析することで、最適なプロペラ形状を絞り込み、さらに水槽試験を行い、その性能を確認しています。

プロペラ形状の最適化


ページの終わりですページの先頭へ戻る