ページ内移動用のメニューです。


強靭かつ軽量な船体をつくる

波浪外力や貨物荷重に対する十分な強度と、軽量かつ低い建造コストを両立させるための技術です。

構造最適化

波から受ける力や貨物の重さに対する強度は保った上で、軽量かつ建造コストが小さい船体を実現するために、構造最適化プログラムを開発し、船体の構造設計に利用しています。

構造最適化プログラムによる船体構造の設計

全船の振動解析

船は外界から離れた空間となるので、構造設計では乗組員の居住性にも考慮する必要があります。このため、設計初期段階から、船全体に対して振動解析を行い、振動を低減するための構造を検討することで、厳しい振動基準をクリアしています。

全船の振動解析


ページの終わりですページの先頭へ戻る