ページ内移動用のメニューです。


鉄道車両台車への複合材適用「efWING」

鉄道車両には、CO2排出量やランニングコストの削減のため、さらなる軽量化が求められています。
鉄道車両は大きく車体と台車で構成され、車体についてはアルミニウム合金などの採用により大幅な軽量化が進んでいますが、台車については部材を薄くするなど小幅な軽量化に留まっていました。
当社は、高い強度と軽さを併せ持つ材料である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を世界に先駆けて台車フレームの主構造として採用するとともに、この台車フレームにサスペンション機能を持たせた構造とすることで、台車の大幅な軽量化を実現しました。
実用化にあたり、複合材胴体を有する航空機の生産で培ってきたCFRP部品の製造技術だけでなく、CFRP特有の損傷に対する耐久性や新構造での走行安定性を維持する検査・モニタリング技術を開発しています。

efWING : environmentally friendly Weight-Saving Innovative New Generation Truck

新世代の鉄道車両用台車「efWING」


サスペンション機能を持つCFRP製台車フレーム品



ページの終わりですページの先頭へ戻る