ページ内移動用のメニューです。


台車/軌道の車載監視システム

鉄道車両の安全で快適な走行と安定した運用を支えるため、車両のメンテナンスや線路設備の保守には多大なコストが必要です。
このコストを削減するため、当社はICT/IoT技術を活用した車載システムを開発しています。
たとえば、鉄道台車の定期メンテナンス周期の延伸やメンテナンス作業の簡素化を図るため、営業車両の走行中に異常な振動や昇温を高感度なセンサを用いて連続的に監視する技術開発を行っています。
また、軌道を構成するレール締結装置の異常の確認は、徒歩による目視により実施されていますが、車両の床下に設置したカメラで撮影した画像から、レール締結装置が正常であることを自動判定する技術も開発しています。
メンテナンスのさらなる効率化のため、監視項目を増やすとともに、それらビッグデータをもとにした診断技術の高度化を進めていきます。

車両床下に設置したカメラから軌道を撮影
(軌道モニタリング装置)


軌道モニタリング装置による3D計測結果



ページの終わりですページの先頭へ戻る