ページ内移動用のメニューです。


用途に応じた最適な機構を生み出す

ロボットアームにおいて重要なことは、その使用目的に合致した形状と動作性能です。また、それ以外に、組立てやすさ、メンテナンスしやすさ、コスト、アームにかかる力やその変形量などについても考慮する必要があります。これらの要素には相反するものもあります。例えば、動作性能を良くしようとし過ぎると、コストが高くなり過ぎてしまいます。そこで当社では、構造解析(FEM)や3Dモデルを用いた動作シミュレーションなどの数値解析技術を駆使し、全てを最適にバランスさせたロボットアームを設計しています。


3Dモデルを用いた動作シミュレーション


ロボットアームの応力・変形解析


ページの終わりですページの先頭へ戻る