ページ内移動用のメニューです。


水素ガスタービン燃焼技術

水素を燃料として利用する環境に優しいエネルギー供給システムを構築するため、水素ガスタービンの燃焼技術を開発しています。
一般的に、発電用ガスタービンの燃料に使用されている天然ガスと比べ、水素は燃焼速度が速いため燃焼が不安定になりやすく、加えて火炎温度が高いことからNOxが発生しやすくなります。
これらの課題を解決するため、微小な水素火炎を用いることによって、逆火等の不安定燃焼の抑制と低NOx燃焼を実現する燃焼器の開発に取り組んでいます。
この当社独自の水素ガスタービン燃焼技術の確立に向け、燃焼シミュレーションやドイツのアーヘン工科大学での実機試験を重ねながら開発を進めています。

微小な水素火炎を用いたガスタービン燃焼器


ドイツ アーヘン工科大学 高温/高圧燃焼試験設備での水素燃焼試験


ページの終わりですページの先頭へ戻る