ページ内移動用のメニューです。


高剛性ロボットによる航空機製造自動化技術

航空機の需要が世界的に拡大していることから、航空機製造メーカである当社は、さらなる生産能力向上と生産コスト削減を図っています。
特に、機体の胴体パネル製造には、自動化の難しい大径孔あけなどの加工作業や、すでに自動化されているものの高額な専用設備が必要な部材の締結作業などがあります。
そこで、当社のロボット技術を活用して、これらの作業の自動化に取り組んでいます。
部材の加工や締結時には大きな反力によりロボットにはたわみが発生しますが、そのたわみを抑制できる高剛性なアーム構造を開発しました。
併せて、作業時に発生するロボット手先の位置ずれを推定・補正して、高精度な位置決めを可能にする制御技術を開発しています。


高剛性ロボット(Mシリーズ)


ページの終わりですページの先頭へ戻る