ページ内移動用のメニューです。


第177号 鉄道車両特集号

車両設計におけるフロントローディング
-WMATA7000を例として-

[ 技術解説 ]

稲垣 誉、遠矢 裕二、田中 友絵、加村圭市郎、矢野 弘、江崎 秀明

 

 

 

鉄道車両の設計において、要求性能は時代と共に高度になっている。一方で、鉄道会社の既存設備に合わせて車両を設計する必要があり、しかも短納期になってきている。これらの傾向は当社が2010年に受注したワシントン首都圏交通局向けWMATA7000においても顕著であり、このため、フロントローディングとしてプロジェクト開始当初から、設計リソースを集中投入し、高度な要求を満たす全体最適設計を遅延なく短期間で行うことができた。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る