ページ内移動用のメニューです。


第176号 プラント・環境特集号

ごみ焼却・バイオガス化複合施設
-固定買取制度に適合する新たなごみ処理システム-

[ 技術解説 ]

内田 博之、村田 英彰、臼井 勝久、上原 伸基、杉原 英雄、谷口 暢子

 

 

 

当社は、2014年3月に国内初のごみ焼却・バイオガス化複合施設である防府市クリーンセンターを納入した。一般廃棄物をメタン発酵原料としてバイオガスを発生させ、ボイラ主蒸気を過熱する熱源として使用し、高効率発電を行うものである。また、本施設の焼却炉は当社独自設計の並行流炉を採用しており、低空気比・低公害の燃焼が可能で、エネルギー・地球環境保全の両面で貢献できるシステムである。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る