ページ内移動用のメニューです。


第175号 技術開発本部 特集号

成形加工プロセスの技術革新
-航空機ボディの完全自動成形技術の確立-

[ 特集記事 ]

木村 剛

 

 

 

航空機の「顔」とも言えるフロント部分の外板。
滑らかな美しい3次元曲面を描くこの金属板は、
長さ8m、厚み0.3~5mmという薄く巨大なフラット板を
金属成形加工技術「シートストレッチャ」によって自動成形したもの。
従来、熟練作業者が経験をもとに手動で行ってきた成形加工を
機械による完全自動化へ。
その挑戦の道のりをご紹介します。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る