ページ内移動用のメニューです。


第175号 技術開発本部 特集号

鉄道車両を見守るセンシング技術の進化
-より安全・快適な鉄道車両を目指して-

[ 特集記事 ]

三津江 雅幸

 

 

 

環境に優しい大量輸送インフラとして世界的に脚光を浴びる鉄道車両。
その足元には安全を常に見守る「技術の目」が活躍しています。
川崎重工が独自のセンシング技術により実用化した
台車状態監視装置「BIDS(Bogie Instability Detection System)」は、
高速鉄道車両の安全を支えるコア製品としてグローバルに活躍中。
今後は、さらに監視機能を高め、
故障や劣化を自ら診断する先進的で安全な鉄道車両の実現を目指します。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る