ページ内移動用のメニューです。


第174号 モーターサイクル&エンジン特集号

ライダーの感性に響く"Fun to Ride"要素の創出

[ 技術解説 ]

兼田 哲男、松原 賢太、増田 貴行、中村 典生
川﨑 卓巳、市川 和宏、中村 泰士、石井 宏志、小切間 仁人

 

 

 

ライダーの感性に響く"Fun to Ride"要素を高めるためには、エンジン性能とともに、車体性能の向上が重要である。特に、「エンジンサウンドの演出」「乗り心地の演出」「操縦安定性の向上」は、モーターサイクルの商品価値を決定づける"Fun to Ride"要素であり、先進国モデルのブランド力向上には必須である。本稿では、これらの"Fun to Ride"要素の創出技術の事例について述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る