ページ内移動用のメニューです。


第172号 ロボット特集号

多品種ワーク配膳ハンドシステム

[ 技術解説 ]

掃部 雅幸、髙山 裕規、久保田 哲也、瀬田 良孝

 

 

 

ロボット適用拡大のためのコア技術として、当社は、多種類の部品(ワーク)をハンドリングできる汎用ハンドシステムの研究開発を進めている。特に、これまで困難とされてきた、組立・艤装工程での配膳作業のロボット化を、汎用ハンド技術とそのシステム化技術により実現している。2012年度には、社内の生産工場へ導入する予定である。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る