ページ内移動用のメニューです。


第171号 航空宇宙特集号

複合材構造の健全性診断・損傷進展防止技術
-先進技術で損傷を検知・抑制-

[ 技術解説 ]

木元 順一、筒井 寛明、平野 憲芳、赤塚 隆彦
指熊 裕史、廣瀬 康夫、松原 剛、松田 博和

 

 

 

当社は、航空機複合材構造を対象に、構造健全性診断技術および損傷進展防止技術を開発している。その結果として、複合材構造へ光ファイバセンサを組み込み、そのセンサ出力から衝撃損傷を検知するシステムの基盤技術を確立した。また、複合材のメリットを生かした構造様式の一つである発泡コアサンドイッチパネルについて、その面板~コア間の剥離進展抑制手法として「クラックアレスター」を考案し、その有効性について確認した。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る