ページ内移動用のメニューです。


第169号 輸送機器・システムの環境負荷低減技術特集号

優れたエネルギー効率で大量物流を担う
-船舶-

[ 技術解説 ]

(株)川崎造船 技術本部長 村上 彰男
ガスタービン・機械カンパニー 機械ビジネスセンター長 井城 譲治
ガスタービン・機械カンパニー
ガスタービンビジネスセンター 技術総括部長 永井 勝史

 

 

 

船舶はエネルギーや資源の効率の良い輸送手段であるが、世界経済の発展に伴う海上輸送量の増大に応えるため、さらに輸送効率を向上させると同時に、社会的な要請である環境負荷の低減も求められている。
本稿では、川崎重工グループが船舶において進めている輸送効率を向上させ環境負荷を低減する取り組みとして、船型や推進システムの改良、主機などの燃焼の改善や排ガス処理などの技術開発について紹介する。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る