ページ内移動用のメニューです。


第166号 船舶特集号

進歩する船型研究
-船型試験研究システム-

[ 技術解説 ]

齋藤 泰夫、岩崎 泰典、後藤 洋一、木村 嘉克

 

 

 

船舶の流体性能に関する試験研究では、最適船型や省エネルギー付加物の開発が重要な位置を占める。(株)明石船型研究所(ASMB)では最新の自動計測システムならびにCAD/CAMシステムを導入し、高精度・高品質試験データの最短時間での提供を可能にしており、より性能競争力の高い製品開発ニーズに応えている。本稿ではこれら最新システムについて述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る