ページ内移動用のメニューです。


第166号 船舶特集号

過去の経験と最新技術の融合
-川崎URA型再熱式蒸気タービン-

[ 技術解説 ]

堀家 弘、清水 元、今井 善信、今井 和夫
政本 憲一、佐藤 晃三、西川 弘泰、今井 達也

 

 

 

再熱式タービンでは、高中圧タービンケーシングの熱変形の把握と減速装置の信頼性が重要である。過去に経験した「川崎UR型タービン」(再熱式)を現在のFEM解析で精査してさらなる改良を加え、「川崎UA型タービン」(非再熱式)で実証した技術を適用して信頼性の高い高効率新再熱式「川崎URA型タービン」を開発した。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る