ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

有機性廃棄物の集約混合処理
-バイオマスメタン発酵処理施設-

[ 新製品紹介 ]

 

珠洲市に納入したバイオマスメタン発酵処理施設は、下水汚泥、し尿、浄化槽汚泥、農業集落排水汚泥、生ゴミを下水処理場に集約混合し、メタン発酵槽にて中温発酵する施設である。発生するバイオガスはメタン発酵槽の加温や汚泥乾燥の燃料として有効利用され、乾燥汚泥は有機肥料として地域に還元される。本稿では、国土交通省と環境省が連携して実施するバイオマス利活用に関する全国初の事業について示す。

 

川崎重工 産機プラント総括部 水処理プラント部 遠藤 健一郎

 

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る