ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

製紙工場から発生する黒液を再資源化
-ソーダ回収ボイラ-

[ 技術解説 ]

桝田 武治、森 宏之、廣川 雅俊

 

 

 

ソーダ回収ボイラはパルプ製造過程で発生する黒液を燃料としたバイオマス利用設備であり、工場における動力源としてだけでなく、黒液から薬品を回収して再資源化する役割を担っている。本稿では、川崎重工で開発した「KJ形ソーダ回収ボイラ」の特長と高圧高温クラスとしては世界最大級となる北越製紙(株)新潟工場向けの最新回収ボイラでの運転実績について述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る