ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

タール成分も利用する小型システムで熱電併給
-木質バイオマス流動層ガス化発電システム-

[ 技術解説 ]

清水 正也、山田 健一、松田 吉洋、小橋 義昭、餝 雅英、戸田 信一

 

 

 

木質バイオマスは、利用設備の低効率と収集コスト高が原因で利用が進んでいない。利用を促進するためには、小規模で高効率な発電システムと収集システムが不可欠である。本稿では、川崎重工が新しく開発した流動層ガス化発電システムの概要と、流動層ガス化発電システムが採用されたバイオマスの収集から利用までの地域一貫システムの事業概要について述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る