ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

世界へ広がる排煙脱硫装置
-カワサキ排煙脱硫装置-

[ 技術解説 ]

丸井 和人、進藤 大輔、三輪 靖雄

 

 

 

環境問題に関する意識が世界的に広がる中、事業用ボイラからの排ガス規制対策として、排煙脱硫装置の需要が高まっている。川崎重工では、長年の研究開発と技術改良を経て高性能・高信頼性の排煙脱硫装置を完成させた。これまで総発電出力換算で25, 500MW相当の装置を国内外に供給し、地球環境保全に大きく貢献している。本稿では排煙脱硫装置の特徴と近年の海外案件への取り組みについて述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る