ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

低環境負荷ごみ焼却技術
-カワサキ・アドバンストストーカ-

[ 技術解説 ]

片畑 正、加藤 定史、臼井 勝久、岩﨑 陽介、廣川 雅俊

 

 

 

近年のごみ焼却施設では、環境負荷低減・エネルギーの有効利用が求められている。川崎重工では、長年の運用実績があり信頼性の高いストーカ式焼却炉において、低空気比高温完全燃焼による燃焼排ガス量の低減と、有害物質排出量の極小化を目的として、カワサキ・アドバンストストーカシステムという次世代型の高効率燃焼焼却炉の開発を行っている。本稿では当システムの開発および実炉での運用結果について述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る