ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

アスベスト溶融無害化処理システム
-プラズマ拡張溶融炉-

[ 技術解説 ]

筒井 泰造、神代 初義、高瀬 義和、石田 久、長谷川 英樹

 

 

 

川崎重工では、各種難分解性廃棄物の無害化溶融設備であるプラズマ拡張溶融炉(PEM)の技術導入とその商業化に向けて取り組んでいる。本設備は2003年に国内でPCB無害化処理設備として技術認証された。現在、廃アスベストの溶融無害化設備として実証テストを完了し商業機として拡販を目指している。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る