ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

世界初のセメント製造技術
-流動層セメント焼成システム-

[ 技術解説 ]

渡辺 達也、小竹 正人、江口 丈郎、市谷 昇
林 功、堤 香津雄、熊谷 親徳、柄本 憲治

 

 

 

流動層セメント焼成システム(FAKS)は、地球環境保全、省エネルギー、資源有効利用、経済性の向上およびセメントに対するニーズの多様化などに対応するため、川崎重工が流動層技術をベースとして開発した最先端技術である。本稿では、これまでの開発経緯、技術の概要および建設中である世界初の商業規模1,000t/日流動層セメント焼成システムについて述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る